みんなに伝えたいスポーツ情報

日本協会、浦和に罰金200万円とけん責処分を下す(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
日本協会は7日、東京都内で理事会を開き、J1浦和に対して罰金200万円とけん責処分を下したことを発表した。

 昨年12月9日の天皇杯決勝仙台戦で、3つの規定違反を犯したことへの処分。

 (1)試合前日に、主催者に無許可でサポーターをスタジアムに引き入れ、応援物品(横断幕など)の持ち込み及び設置作業などを行わせた。

 (2)サポーターは、左右のアッパースタンド最上段から地面に垂らしたロープにビッグフラッグ(縦17メートル、幅14メートル)をくくりつけ、選手入場時にこれを引き上げて掲揚。事故を引き起こす可能性もあったが、クラブは主催者に事前に許可を求めなかった。

 (3)決勝の開始前、試合直後に発煙筒などに着火し、チームバスに振りかざすなど危険行為を行った。クラブは危険行為を防ぐための適切な措置を講じなかった。

 日本協会はサポーターの特定、処分などは行わず。浦和の山西学広報部は「協会とのコミュニケーション不足があった。真摯(しんし)に受け止めて、競技運営を考えていきたい」と話した。





キーワード