みんなに伝えたいスポーツ情報

【ダイヤモンドS】ユーキャンスマイル重賞初Vチャンス!ステイヤーの資質は十分(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 菊花賞3着、万葉S2着の実績を持つユーキャンスマイル。ステイヤーとしての資質は十分

東京競馬場で最も長い距離となる芝3400メートルが舞台のハンデGIIIダイヤモンドSが、土曜(16日)メインに組まれている。過去の勝ち馬にアルバートやフェイムゲームなどの名ステイヤーが名を連ねるが、今年のメンバーに3000メートル以上のレースを勝った馬はいない。先々まで長距離界をにぎわすような、新・長距離砲の誕生なるか-。

 V最有力とみられるのが菊花賞3着、万葉S2着の実績を持つユーキャンスマイル(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)だ。強いと評判の現4歳世代ではただ1頭の参戦となる。前走の万葉Sは勝ち馬にうまく逃げ切られてしまったが、3000メートルで2戦続けて上がり最速をマークしており、ステイヤーとしての資質は十分だ。ハンデ54キロも、実績を考えれば妥当な数字だが、比較上は有利に映る。重賞初Vのチャンスだろう。





キーワード