みんなに伝えたいスポーツ情報

日本ハムD1・吉田輝、荒れ荒れ25球 それでもアゲアゲ!ヒット性1本だけ(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 吉田輝が初の打撃投手を務め、力強い球を投げ込んだ (撮影・矢島康弘)

日本ハム2軍春季キャンプ(11日、沖縄・国頭)日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=秋田・金足農高=が11日、沖縄・国頭(くにがみ)村の2軍キャンプで初の打撃投手を務めた。同期のD2位・野村佑希内野手(18)=花咲徳栄高=に対して25球を投げ、安打性の当たりは1本。球にばらつきがあったものの、直球への自信を深めた昨夏の甲子園準優勝右腕は、16日の紅白戦(国頭)で、いよいよ初の実戦登板を迎える。

 気温16度。小雨がぱらつく中、マウンドに上がった吉田輝が、打席に入ったD2位・野村を相手に力強い球を投げ込んだ。

 「まだ全力じゃなくても、あそこまで投げられて自信になりました。勢い、球速も上がっていると感じました」

 マウンド前方の防御用ネットの存在で制球を乱し、1球目から4球連続でボール球。「心が折れそうになりました」と計25球中、14球がボールと荒れ気味だったが、安打性の当たりはわずか1本と封じ込んだ。

 スライダー、カーブも交えた投球で、飛球が1本でファウルが5球。高めに伸びる速球は、1球たりとも前に飛ばされなかった。

 埼玉・花咲徳栄高2年夏の甲子園で4番打者として全国制覇を達成した野村とは、これが初対決だった。高校通算58本塁打を放った強打者との対戦を前に「心を折る」と冗談交じりに宣言していたが、昨夏の準V右腕は「ボール球が多かったので負け。カーブは打者の頭に向かって、試合の感覚で投げられました」と苦笑いを浮かべた。

 悪天候で午前中に1度は延期が検討されたが、何とか天候が回復し、登板が実現。吉田輝の投球について、昨夏の甲子園で「4番・投手」を務めた野村も「本調子ではなかったと思いますが、外に決まった球は、人と違うものを感じました」とうなった。

 今後は14日の投球練習を経て、16日に1、2軍合同の紅白戦(国頭)に登板予定。「ブルペンでも打者を意識して練習して、紅白戦に臨みたい」と吉田輝。注目新人の実戦デビューが近づいてきた。


キーワード