みんなに伝えたいスポーツ情報

阪神・高山が目慣らしに打席へ「打ちに行く中で見極められているかな」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
阪神・高山が15日、沖縄・宜野座キャンプで午前中のブルペンに向かい、“目ならし”のため打席へ入った。ドリス、飯田の投球を打席からじっくりと見つめ、感覚を確かめた。キャンプ中の実戦では3試合で5個の四球を選んでおり「ボールが見えるようになっていると思います。(四球を)選べている、というよりは打ちに行く中で見極められているかなと思います」と手応えを口にした。


キーワード