みんなに伝えたいスポーツ情報

【京都牝馬S】格上挑戦のアマルフィコーストが3着激走 坂井瑠「気分良く走らせることを心掛けました」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 3着に敗れたアマルフィコースト

2月16日の京都11Rで行われた第54回京都牝馬S(GIII、芝・外1400メートル、4歳以上オープン、別定、牝馬、18頭立てのところディメンシオンが取り消して17頭立て、1着賞金=3600万円)は、池添謙一騎手騎乗の9番人気デアレガーロ(牝5歳、美浦・大竹正博厩舎)が中位追走から直線は馬場の真ん中を伸びて重賞初制覇。タイムは1分21秒0(良)。

 近走は勝ち切れないレースが続いており、準オープンから格上挑戦の形となったアマルフィコースト(13番人気)が、2番手追走から直線入口で先頭に立つと、そのまま渋太く粘り3着に残った。

 坂井瑠星騎手「気分良く走らせることを心掛けました。いい手応えでしたし、最後までよく走ってくれました」





キーワード