みんなに伝えたいスポーツ情報

J1王者の川崎、浦和との富士ゼロックス・スーパー杯へ最終調整(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
J1川崎は15日、川崎市内のチーム施設で約1時間半の練習を行った。

 チーム最年長のMF中村憲剛(38)らは富士ゼロックス・スーパー杯を16日に控え、セットプレーの確認やシュート練習で汗を流した。

 17年目のシーズンを迎えるチーム最年長は「新しい選手も出ると思うし、自分たちがどういうことを表現できるかは楽しみ」と今季初の公式戦に向け気持ちを引き締めた。

 開幕ダッシュを決めるためにも重要な試合だ。昨年の同杯でC大阪に2-3で敗れると、アジアチャンピオンズリーグでも初戦から2連敗。リーグ戦序盤でも苦戦する展開が続いた。

 「勝ちきる強さは今後必要になってくるし、それを克服しないとタイトルは獲れない」

 昨年、J1連覇を達成するも、いまだカップ戦のタイトルはゼロ。一発勝負に弱いというイメージを払拭するためにも負けられない。


キーワード