みんなに伝えたいスポーツ情報

【フェブラリーS】堅実派のサンライズソアは6着に終わる 田辺「自分から進んでいく感じではなかった」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
2月17日の東京11Rで行われた第36回フェブラリーS(GI、ダート1600メートル、4歳以上オープン、定量、14頭立て、1着賞金=1億円)は、武豊騎手騎乗の1番人気インティ(牡5歳、栗東・野中賢二厩舎)が先手を奪ってマイペースに持ち込み、ゴール前猛追した2番人気のゴールドドリームをクビ差抑えて快勝、7連勝でGI制覇という偉業を達成した。タイムは1分35秒6(良)。

 昨年のチャンピオンズCで3着に善戦するなど堅実な実績を残しているサンライズソアは、逃げた勝ち馬の直後を追走して直線に向いたが、そこから伸び切ることができず6着に終わった。

 田辺裕信騎手「いい位置で運べたけど、ペースアップした際にスッと対応できなかったですね。だらっと長く脚を使うタイプなので、早めに並びたかったけど、自分から進んでいく感じではなかったですね」


キーワード