みんなに伝えたいスポーツ情報

ロッテD1・藤原、高知遠征も帯同 井口監督、1軍で「争ってほしい」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 大塚外野守備・走塁コーチと走塁練習に臨むロッテ・藤原(右)=沖縄

ロッテ沖縄本島遠征(21日、沖縄・嘉手町)ロッテは21日、沖縄・嘉手納町で全体練習を行い、沖縄遠征を終えた。ドラフト1位・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭高=が22日に始まる1軍の高知遠征に帯同することが決まった。

 石垣島キャンプを経て、沖縄本島では練習試合5試合を消化。ここまで実戦7試合で5安打1盗塁の藤原は「試合に多く出て、いろいろと経験させてもらった」と充実のキャンプを振り返った。高卒ルーキーの課題となっている木製バットへの対応も「当てにいかないよう、しっかり振るようにしています」と徐々に適応している。

 西武と2試合が予定されている高知遠征では清田、25日からの宮崎遠征からは角中や荻野ら主力の外野陣も合流予定。井口監督は、「藤原には経験してほしいし、(ポジションを)争ってほしい」と1年目からレギュラー争いに挑むことを期待している。

 「これからは結果を出さないといけないし、内容も大事」と藤原。開幕1軍を狙うスーパールーキーの戦いも、いよいよ佳境に入る。





キーワード