みんなに伝えたいスポーツ情報

【村瀬プレイバック】◎スワーヴリチャード機動力不発(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 4着に敗れたスワーヴリチャード(右)と6着のディアドラ(左)

中山記念の◎スワーヴリチャードは4着。直線で一瞬グッと差を詰めたが、そこからギアが上がらぬままゴールを迎えてしまった。ベストよりやや短い9Fに加え、プラス14キロでの休み明け。機動力を発揮するには流れも厳しすぎた印象だ。

 一方、阪急杯の◎レッツゴードンキは2着。勝ち馬の激走は想定外で、力は十分に示した。高松宮記念でも当然マークは怠れない。

(夕刊フジ)


キーワード