みんなに伝えたいスポーツ情報

関西国際大が合宿へ 監督「去年より潜在力は高い」(日刊スポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 合宿前最後の練習をランニングで終えるナイン(撮影・柏原誠)

阪神大学野球リーグで2連覇を狙う関西国際大は26日から沖縄・宮古島合宿をスタート。25日は兵庫県三木市のグラウンドで練習を行い、合宿に備えた。

【写真】指導にあたる鈴木監督

昨秋は明治神宮大会で初ベスト4の快進撃。けん引した4年生が抜けたが鈴木英之監督は「むしろ去年よりもずっとポテンシャルは高い。野手は楽しみです」とニヤリ。リーグMVP&首位打者を獲得して引退した尾崎亨四郎内野手(三島)を引き合いに出した。4年春までベンチ入りもままならなかった同選手は、ラストシーズンの2戦目から起用され始めると、2戦連続で3安打と大ブレークした。

「尾崎、首位打者もあり得るぞ。俺と全く同じだからな。人生が変わるぞ」。突然の変身を遂げた4年生に、監督はそう声をかけた。鈴木監督も現役時代に経験があった。PL学園ではKK世代の1学園上で主軸として活躍。鳴り物入りで進んだ駒大では元広島野村謙二郎らに囲まれて出番が限られ、打率1割台と芽を出せなかった。しかし、4年秋に5割近い打率を残して首位打者に輝いた。

優しい性格で、活躍は見込めなかったという尾崎は、監督の予告通り、後輩に最高の置き土産を残した。「最後まで使ってくださって、ありがとうございました」。引退時にあいさつされると厳しい指揮官は目を潤ませた。「それまでの苦しみより、試合に出られる喜びが上回ったのでしょう」と感慨深げに振り返った。

だから、実績に乏しくても、選手の成長度には大きな期待をかけている。昨秋活躍した新主将の平野晴也内野手(3年=関西)が軸になる打線は、神宮で2発ぶち込んだ深尾哲平捕手(2年=福知山成美)ら能力の高い打者がめじろ押し。「新3年生が一皮むけたら本当に面白いですよ」と鈴木監督。念願の日本一へ、宮古島合宿から選手のさらなる成長を促していく。





キーワード