みんなに伝えたいスポーツ情報

阪神・矢野監督、先輩・佐々木氏に懇願!望月に大魔神フォーク学ばせた(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 望月(左)にフォークをおしえる佐々木氏(中)。矢野監督(右)が懇願して実現した(撮影・水島啓輔)

阪神春季キャンプ(25日、沖縄・宜野座)習え、大魔神フォーク! 阪神・矢野燿大監督(50)が25日、ブルペン投球を行っていた望月惇志投手(21)を引き連れ、捕手の背後から視察していた日米通算381セーブの佐々木主浩氏(51)=元横浜=への弟子入りを実現させた。「大魔神」は、指揮官にとって東北福祉大の1年先輩。自ら懇願し、飛躍を願う望月に最強の武器を学ばせた。

 投げる手を止めさせ、一緒に懇願しに行った。矢野監督が、引き連れた望月と2人で挟み込み、口説き落としたのは「大魔神」。大学時代の先輩にして、日本が誇る伝説的クローザーである佐々木氏に、代名詞のフォークを望月に伝授してもらうよう頼み込んだ。

 「先輩やし甘えさせてもらえたらなと思って。アドバイスをもらってからは多分はすごく、本人の手応え的にも投げられていたし。今までとちょっと違うフォークになって。空振りが取れそうな感じになってた」

 ブルペンの片隅で「大魔神塾」が開講だ。39球まで投げていた望月に将が「教えてもらうか?」と問うと「お願いします」と返ってきた。ともに佐々木氏のもとへ。日米の打者の前に圧倒的な威圧感で立ちはだかってきた男も、柔和な表情で快諾した。

 白球を指で挟むような“あのしぐさ”で伝授が始まる。約3分間の指導後、望月は早速、試した。3球ほどすっぽ抜けたが徐々に低めに集まり出す。6球目。黒土をえぐるワンバウンドが決まった。佐々木氏はネットの奥で、両手の指先を頭の上で合わせ「○」のポーズ。大魔神フォーク、習得の瞬間だった。

 大魔神も驚きの吸収力だ。「パッとできる。非常に器用なので僕もこれから楽しみ」とたたえると、伝授したコツについても「落とそう、っていうのがあるけど、そうじゃなくて『腕をしっかり振って投げるんだよ』と。たたきつけるくらいでいい」と明かした。

 東北福祉大時代にバッテリーを組んでいた矢野監督と佐々木氏。プロ入りしてからは1998年に当時阪神の矢野監督が佐々木氏から逆転サヨナラ打を放ち、連続セーブ記録を「22」で止めたこともある。そんな指揮官がこの日、こうして“縁結び”したのも、望月への期待の大きさゆえだ。

 開幕ローテ入りを期待した1人の小野は、右肘違和感でペースダウン。才木も23日のヤクルトとのオープン戦で4回6失点と奮わなかった。ここで望月がフォークもろともローテの座を手にしてくれれば、大きい。

 「決め球というところではじゃあ『望月=何』というのがないわけよ。代名詞じゃないけど、そういうのを持ってるピッチャーはやっぱり、勝ったり、結果を残したりしてるから」

 矢野監督は期待を隠さない。大魔神フォークのように胸にストンと落ちる、爽快な結果を期待している。


キーワード