みんなに伝えたいスポーツ情報

【エンプレス杯】プリンシアコメータが重賞3勝目!(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
2月27日の川崎11Rで行われた第65回エンプレス杯(交流GII、4歳以上オープン、牝馬、別定、ダート・左2100メートル、13頭立て、1着賞金=3500万円)は、岩田康誠騎手騎乗の2番人気プリンシアコメータ(牝6歳、美浦・矢野英一厩舎)が先頭集団から3コーナー過ぎにロングスパートをかけ後続を引き離して勝利。昨年2着の雪辱を果たした。タイムは2分15秒3(良)。

 2着はブランシェクール(8番人気)、3着にはビスカリア(1番人気)が入った。

 エンプレス杯を勝ったプリンシアコメータは、父スパイキュール、母ベルモントフェリス、母の父アジュディケーティングという血統。北海道新冠町・ベルモントファームの生産馬で、芳川貴行氏の所有馬。通算成績は26戦7勝(うち地方8戦3勝)。管理する矢野英一調教師は初勝利、騎乗した岩田康誠騎手は2008年サヨウナラ、13年ミラクルレジェンドに次いで3勝目。





キーワード