みんなに伝えたいスポーツ情報

小林陵侑、ノーマルヒル14位 1回目首位も2回目に失速/ジャンプ(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
ノルディックスキー世界選手権第10日(1日、オーストリア・ゼーフェルト)ジャンプ男子ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル)で、小林陵侑(22)=土屋ホーム=が101メートル、92・5メートルの合計203・4点で14位に終わった。1回目でトップに立ったが、雪が降りしきる2回目では失速した。

 20歳で臨んだ前回大会は不調で個人戦は出られず、ふてくされた態度を見せることもあった。出場したのは7位に沈んだ団体だけ。このシーズンはW杯で30位以内に一度も入れなかったが、今季は一気に飛躍を遂げた。

 ワールドカップ(W杯)22試合で11勝を挙げ、個人総合首位を独走する。表彰台は16度を数え、抜群の強さと安定感を誇り、世界選手権前最後のW杯も制した。今大会はラージヒルで4位に沈んだが、団体では日本の銅メダル獲得に貢献した。





キーワード