みんなに伝えたいスポーツ情報

阿部詩が高校卒業式で涙/柔道(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
柔道女子52キロ級で昨年の世界選手権覇者、阿部詩(うた、18)が2日、神戸市内の夙川学院高の卒業式に出席。式典中に涙ぐむ場面もあり、クラスメートとの別れを惜しんだ。「今年の世界選手権(8-9月、日本武道館)で2連覇し、東京五輪で優勝すること」と目標を掲げた。

 さらなる成長を目指し、4月から男子66キロ級で世界選手権2連覇中の兄・一二三(ひふみ、21)と同じ日体大(東京)に進学する詩。キャンパスライフをスタートするにあたり、制服は卒業。今後はスーツを着用する機会が増える。

 詩は「ちょっと恥ずかしさがある」と苦笑いを浮かべるが、兄からは「(一般的な女性に比べて)体格がいいので、いかに隠せるように(スーツを)着こなせるか」と助言を受ける。18歳は「あした(3日)買いにいきます」と、スーツが似合う女性になることもひとつの目標とした。





キーワード