みんなに伝えたいスポーツ情報

大迫、東京の借りは東京で返す!マラソン日本記録報奨金1億円贈呈式(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 日本実業団陸上連合による日本記録褒賞の贈呈式に出席した大迫傑

昨年10月のシカゴ・マラソン男子で2時間5分50秒の日本新をマークした大迫傑(27)=ナイキ=が7日、東京都内で行われた日本実業団陸上連合による日本記録樹立にともなう報奨金1億円の贈呈式に出席した。3日の東京では4度目のマラソンで初の途中棄権。同じ大都会が舞台で2020年東京五輪代表を決める9月15日の「グランドチャンピオンシップ(MGC)」での雪辱を期した。

 途中棄権のダメージも、失望感もない。精悍(せいかん)な顔つきで報道陣の前に現れた大迫は、東京五輪代表選考会に向けて再出発する。

 「大事なMGCが9月にある。練習を積み、万全の状態でスタートラインに立てるようにしたい」

 コースが重なるMGCの予行演習として、東京マラソンに初参戦。気温6度を下回った雨中の消耗戦で、体を震わせながら29キロ地点でコースを外れた。4度目のマラソンで初めてゴールに到達できず、レース後は主催者を通じてコメントを発表するにとどめていた。

 救護所があれば29キロ地点よりも前で棄権するつもりだった。「皆さんが思っているような挫折があったかというと、そうではない。必ずしもゴールにたどりつくことがいいとは限らない」。「休むことも仕事」と言い切るプロランナーの、先を見据えた判断だった。

 近く拠点の米国に戻り、今後の計画を練る。トラックレースなどに出場する可能性を示唆したが、次のマラソンは東京五輪のコースと大半が重なるMGCが有力視される。

 1億円の賞金ボードを受け取ってなお、表情を引き締めた。「これを機に(前日本記録保持者の)設楽(悠太)や他の選手とともに、MGCに向けて日本陸上界を盛り上げていけたら、熱い戦いができるんじゃないか」。東京の借りは東京で返す。





キーワード