みんなに伝えたいスポーツ情報

平野美宇、6位終戦にも前向き「この大会を通して成長できた」世界選手権で雪辱期す(スポーツ報知)

[ 元の記事 ]
◆卓球 アジア杯 最終日(7日、横浜文化体育館)

 女子の5―6位決定戦が行われ、平野美宇(18)=日本生命=は杜凱キン(香港)に3―4で競り負けて6位となった。

 立ち上がりの2ゲームを幸先よく連取したが、その後はミスと相手の強打に手を焼く場面が目立ち、取り切れなかった。「自分のミスで負けてしまった。自分のプレーを最後までできなかったのは実力不足」と受け止めた。

 今月21日からは世界選手権個人戦(ブダペスト)が控える中、海外勢の強さを肌で感じられたことに意味もある。「色々と収穫があり、この大会を通しても成長できた。コースの取り方、戦術の使い方の感覚がついた。2週間後の世界選手権は本当にすぐなので、反省してどれだけ修正できるかが大事」と前を向いていた。





キーワード