みんなに伝えたいスポーツ情報

【中山GJ】伏兵シンキングダンサーが2着 金子光「最終障害を飛んでから相手がすごかった」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
4月13日の中山11Rで行われた第21回中山グランドジャンプ(J・GI、障害4歳以上オープン、芝・外4250メートル、定量、11頭立て、1着賞金=6600万円)は、石神深一騎手騎乗で圧倒的1番人気に支持されたオジュウチョウサン(牡8歳、美浦・和田正一郎厩舎)が終始危なげない飛越と豊富なスタミナを発揮し他を圧倒、史上初となる4連覇を達成した。タイムは4分47秒6(良)。平地、障害を含め、JRAで同一重賞を4連覇したのも史上初となった。

 2馬身半差の2着に入ったのは6番人気の伏兵シンキングダンサー。中団追走から最終コーナーでは先頭に立つ勢いを見せたが、直線で“王者”に突き放された。

 金子光騎手「オジュウの気配をうかがいながら運びました。4コーナーでオジュウらしくないと思い、一緒に最終障害を飛べばもしかしたらと思いました。ただ、最終障害を飛んでから相手がすごかったです。一番いい状態で臨めましたが、完敗です」


キーワード