みんなに伝えたいスポーツ情報

【中山GJ】2番人気のニホンピロバロンは6着に大敗 白浜雄「レース後に歩様を少し気にしていた」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
4月13日の中山11Rで行われた第21回中山グランドジャンプ(J・GI、障害4歳以上オープン、芝・外4250メートル、定量、11頭立て、1着賞金=6600万円)は、石神深一騎手騎乗で圧倒的1番人気に支持されたオジュウチョウサン(牡8歳、美浦・和田正一郎厩舎)が終始危なげない飛越と豊富なスタミナを発揮し他を圧倒、史上初となる4連覇を達成した。タイムは4分47秒6(良)。平地、障害を含め、JRAで同一重賞を4連覇したのも史上初となった。

 2番人気に支持されたニホンピロバロンは、好位置から競馬を進めて先頭をうかがったが、優勝したオジュウから2秒2離された6着に終わった。

 白浜雄騎手「相手を見るよりスムーズな競馬をしたかったので、思った通りの競馬ができました。ただ、レース後に歩様を少し気にしていたので、もしかしたら途中で何かあったのかもしれません。それがなければ違う競馬ができていたかもしれませんが、それでも最後まで頑張ってくれました」


キーワード