みんなに伝えたいスポーツ情報

大坂なおみ またまた逆転勝ち8強 【全豪オープン】(TENNIS.JP)




[ 元の記事 ]
出典元: 先にセットを落とすが挽回 イメージチェンッジの大坂なおみ

1月21日 全豪オープ 大会8日目

大坂なおみ(日清食品)が第13シードのA・セバストワ(ラトビア)を4-6, 6-3, 6-4で破り準々決勝に進んだ。
3回戦に続き見事な逆転勝ち。日本女子としては2000年杉山愛以来19年ぶりの全豪ベスト8進出を決めた。

第1セットはセバストワのスライスを使ったしつこいプレーに強打を封じられ4-6で落とす。
第2セットも嫌な展開、第3ゲームで30-40とブレーク・ポイントを握られる。しかしサービス・エースなどで逃れキープした。
今ままでの大坂だったらなかなか立て直しは難しいこの場面も、全豪オープンでは違う。
大坂「自分を信じることが私にとって一番大きなこと。昨年よりも今年の方が自分自身を信じていると思う。あきらめずに前の試合と同じようにたたかった」。
6-3で第2セットを取ると、ファイナル・セットは第1ゲームでいきなりブレーク。2戦連続の逆転勝ちで準々決勝に進んだ。


キーワード