みんなに伝えたいスポーツ情報

ソフトB・今宮、6号でリーグ3位「甘い球をしっかりと」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
ソフトバンク・今宮健太内野手(27)が20日の西武戦(メットライフ)でチームトップの6号ソロを放った。8本のレアード(ロッテ)、7本の山川(西武)に続くリーグ3位。自己最多は17年の14本だが、過去の本塁打王に次ぐペースで量産中だ。

 「きょうのように甘い球をしっかりと。厳しい球を打っても、なかなかヒットにならないので」

 一回二死、外角の150キロを右翼席へ運び、八回にも適時打を放った。19日から自身初の3番に起用され、2試合連続打点。「体も疲れてくる。ずっと同じことをするのでなく、タイミングやバットのグリップの位置を少しずつ変えながら」と柔軟な打撃で期待に応えている。打率・301も上々。5度のゴールデングラブ賞に輝いている名手が「守備の人」を卒業する活躍だ。





キーワード