みんなに伝えたいスポーツ情報

【日本ダービー】12番人気ロジャーバローズがレコードV 浜中「ビックリしすぎて、よく分かりません」(スポーツ報知)




[ 元の記事 ]
出典元: 優勝したロジャーバローズ、外はダノンキングリー

◆第86回オークス・G1(5月26日、東京・芝2400メートル、良)

 7071頭の頂点を決める令和最初のダービーは3歳馬18頭で争われ、12番人気のロジャーバローズ(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎、父ディープインパクト)が浜中俊騎手を背に好位2番手から抜け出し、G1初制覇を飾った。勝ち時計はドゥラメンテが2015年にマークした2分23秒2を上回る2分22秒6のレースレコードだった。

 2着には3番人気のダノンキングリー(戸崎圭太騎手)が入り、2番人気のヴェロックス(川田将雅騎手)が3着に続いた。圧倒的1番人気に支持された皐月賞馬のサートゥルナーリア(ダミアン・レーン騎手)は4着に敗れた。

 浜中俊騎手(ロジャーバローズ=1着)「ビックリしすぎて、よく分かりません。ロジャーバローズにとっては、ある程度ペースが速くなって欲しかったが、自分が思っている中でも一番いい展開だった。(直線は)後ろから差されても仕方がないと思って追い出しました。(最後の)坂を上って逃げる馬を交わしてから、もうひとつ辛抱して走ってくれた。持久力を生かす形が、この馬の得意とするところ。この先も期待できる」


キーワード