みんなに伝えたいスポーツ情報

【白百合S】レッドアネモスが3勝目 北村友「思っていた以上に瞬発力があった」(スポーツ報知)




[ 元の記事 ]
出典元: 勝ち馬のレッドアネモスと北村友一騎手

5月26日に行われた京都11R・白百合ステークス(芝1800メートル、3歳オープン、リステッド競走・10頭立て)は、5番人気のレッドアネモス(牝、栗東・友道康夫厩舎、父ヴィクトワールピサ)が好位から抜け出して3勝目を挙げた。勝ち時計は1分47秒6。

 好位のインで脚をため、直線で抜け出すと7番人気のモズベッロ(松岡正海騎手=2着)、8番人気のメイケイハリアー(幸英明騎手=3着)の追撃を振り切った。1番人気のグラディーヴァ(和田竜二騎手)は6着に終わった。

 北村友一騎手は10Rの安土城S(ダイアトニック)に続いて、この日のリステッド競走2連勝。「スローのヨーイドンにうまく対応してくれました。僕が思っていた以上に瞬発力がありました。こういう競馬ができて幅が広がったと思います」と快勝を振り返った。


キーワード