みんなに伝えたいスポーツ情報

巨人、D1位・高橋を抹消へ…2戦連続5回持たず「実力不足を身にしみて感じた」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 5回、中日・ビシエドから本塁打を浴びた先発の巨人・高橋=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

セ・リーグ3位の巨人は31日、中日9回戦(東京ドーム)に3-7で敗れ、3連敗。先発のドラフト1位・高橋優貴投手(22)=八戸学院大=が五回途中6安打6失点で3敗目を喫し、6月1日にも出場選手登録を抹消されることとなった。

 「実力不足を身にしみて感じた。これで終わりではない。またしっかり次への準備をしたい」

 一回、先頭・京田に中前打とされると、続く伊藤康の打球を一塁手・大城が失策し、無死一、三塁。大島に右犠飛とされ、あっさりと先制を許した。

 1-1の三回には、2死一、二塁から高橋の中越え2点二塁打で勝ち越しを許す。続く阿部から3者連続四死球を与え、さらに1点を失った。五回、ビシエド、高橋に2者連発を浴びた時点で交代。前回登板(22日、DeNA戦)も4回3失点で降板しており、2試合続けて5回を持たなかった。

 宮本投手総合コーチは「躍動感というのもね、もう一度取り戻すというか。彼は力があるから、ここまで一生懸命チームを支えてくれた部分もある。『さらにパワーアップして戻って来いよ』と。6月中には帰ってくると思います。半分感謝の気持ちもある」と説明した。

 「体もリフレッシュしていい形で戻って来られるようにしたい」と高橋。ファームで2、3試合に登板し、1軍復帰を目指す。


キーワード