みんなに伝えたいスポーツ情報

【安田記念】昨年のマイルCS覇者ステルヴィオ、スタート出遅れ8着 レーン「理想より少し後ろの位置に」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
6月2日の東京11Rで行われた第69回安田記念(3歳以上オープン、GI、芝1600メートル、定量、16頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、福永祐一騎手騎乗の4番人気インディチャンプ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が、逃げたアエロリット(3番人気)をゴール前クビ差捕らえて快勝、GI初出走で春のマイル王の座に就いた。タイムは1分30秒9(良)。

 昨年のマイルCS覇者でD・レーン騎手騎乗のステルヴィオは、スタートでやや出負けし後方からのレース。直線では外から脚を伸ばすも8着に敗れた。

 D・レーン騎手「ゲート内でガタガタして普通より遅いスタートとなり、理想より少し後ろの位置になりました。それでも道中の手応えは良く、直線で少しスペースがなくなったけど、あいてからすごい脚を使いました。ただ、やはり理想より流れがスムーズではありませんでした」





キーワード