みんなに伝えたいスポーツ情報

日本協会・土橋強化本部長、大坂なおみへ「フェデラー、ナダル、ジョコビッチと肩を並べる選手に」(スポーツ報知)




[ 元の記事 ]
出典元: 土橋強化本部長

◆テニス 全仏オープン第8日(2日、パリ・ローランギャロス)

 女子シングルス3回戦で敗れた世界ランク1位で第1シードの大坂なおみ(日清食品)の試合から一夜明けた2日、日本テニス協会の土橋登志久強化本部長が取材に応じた。世界ランク43位のシニアコバにストレートで屈し「元気が出せなかったことが1番の原因。今までグランドスラムで全米、全豪、そして苦手としている全仏ですら、3大会連続グランドスラム優勝やNO1としてどう戦うとか、連勝記録がいくつになるとかそういうことを全て背負っていた結果、自分を奮い立たすことができなかった原因になったのではないかなと思う」と思いやった。

 次の4大大会は7月1日開幕のウィンブルドン(ロンドン)。芝のコートはサーブがより生かされる舞台で、大坂には有利に働くと考えられる。「ここは準備すれば(優勝を)狙える。どれだけ切り替えてチームでやれるか」と期待を込め、今後は「例えば男子で言えばフェデラーやナダル、ジョコビッチなどはNO1であることを全て自分のものにして戦っている。そういう選手と肩を並べてもらいたい」と話した。

 ◆全仏オープンは5月26~6月9日、WOWOWで連日生中継。WOWOWメンバーズオンデマンドでも配信。


キーワード