みんなに伝えたいスポーツ情報

冨安、目標はフル稼働でチームに貢献「アピールの場にしたい」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 練習する冨安(中央)ら=ブラジル・サンパウロ(撮影・甘利慈)

サッカー日本代表は14日(日本時間15日)、ブラジル・サンパウロ州内で南米選手権に向けた練習を行った。DF冨安健洋(20)=シントトロイデン=は、フル稼働でチームに貢献することを目標にした。

 「せっかく大きな大会に呼んでいただいているので、自分のアピールの場にしたい。チームとしてもひとつでも多く戦えればと思っているので、いい準備をしたい」

 直前のキリンチャレンジ杯でも2戦続けてフル出場した。「全く疲れがありません、といえる状況ではない」と率直に答えた。それでも「それは言い訳に過ぎないし、気持ち次第で変わる」と自らを奮い立たせた。

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会後の昨年8月にA代表に招集されてからは、センターバックとして着実に地位を築いてきた。五輪代表組との合流は、昨年6月のトゥーロン国際以来1年ぶり。「変わらずみんな仲がいい」と話す一方で、「練習中の声はA代表の方が出ている」と感じる部分もあった。「淡々と黙々とやる選手が多いので自然とそうなる部分もあるけれど、もっとコミュニケーションを取れればよくなると思う」。チームのレベルアップのため、声かけでも引っ張っていく姿勢を示した。


キーワード