みんなに伝えたいスポーツ情報

鈴木愛、8ホール消化時点で首位に浮上 雷雲接近でサスペンデッド/国内女子(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 4H、サードショットを放つ鈴木愛=六甲国際GC(撮影・中島信生)

女子ゴルフの「宮里藍 サントリーレディス」は15日、兵庫・六甲国際GC(6511ヤード、パー72)で第3ラウンドを行ったが、午後3時1分に雷雲接近のため2度目の中断となり、そのままサスペンデッドとなった。ホールアウトした選手は1人もおらず、8ホール終了時点でスコアを1つ伸ばした鈴木愛(25)=セールスフォース=が通算10アンダーで首位に立っている。6位から出た河本結(20)=フリー=が9ホールを消化して4バーディー、1ボギーと伸ばして1打差の2位にいる。

 時折20メートルを超える強風に各選手は苦しめられ、3位から出た松田鈴英(21)=ニトリ=は8ホールを終えて3ボギーの通算4アンダーに後退。首位から出たイ・ミニョン(27)=韓国=も8ホールを終えて3つスコアを落とし、2打差の3位に後退した。

 最終日の16日は午前7時から第3ラウンドの残りを再開し、引き続き組み替えなしで最終ラウンドが行われる。


キーワード