みんなに伝えたいスポーツ情報

一回表裏で1時間以上!DeNA、初回6失点から7得点で逆転(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 1回 1死も取れずに降板する先発のDeNA・大貫(中央)=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

22日のDeNA-楽天2回戦(横浜)がまれに見る大荒れの試合展開となった。

 DeNA先発の大貫が初回から崩れ、茂木、島内の連続適時二塁打で失点。ブラッシュにも適時二塁打を浴び、押し出し四球で4点を失ったところで1死も奪えず降板した。緊急リリーフの二番手・進藤も太田に右前適時打を浴びるなど6-0と楽天の大量リードから試合が始まった。

 ところがここから波乱の展開が待っていた。その裏のDeNAの攻撃。先頭打者の神里が二塁打で出塁し、1死三塁となったところから楽天の先発・古川が大乱調。制球を乱し、3者連続四球で押し出し。

 さらにロペスに中越え適時二塁打、大和に中前適時打を浴びて6-4とされたところでKO。二番手の戸村が2死満塁から神里に走者一掃の適時二塁打を浴びて、DeNAが7-6と大逆転を果たした。この日は降雨で試合開始が15分遅れの午後2時15分。一回終了時は同3時22分で、一回の表裏の攻撃に1時間以上という稀に見る展開となった。


キーワード