みんなに伝えたいスポーツ情報

巨人・岡本、右中間フェンス直撃2点二塁打「食らいつきました」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 3回、適時二塁打を放つ巨人・岡本=東京ドーム(撮影・今野顕)

巨人・岡本和真内野手(22)が22日、日本生命セ・パ交流戦のソフトバンク2回戦(東京ドーム)に「4番・三塁」で先発出場。丸の中前適時打で1点を先制した直後の三回2死一、三塁から、右中間フェンス直撃の2点二塁打を放った。

 「丸さんが先制点をとってくれたので、ここで打って、追加点がとれればチームに勢いがつくと思い、打席に入りました。食らいつきました」 相手の先発で、下手投げ右腕・高橋礼が低めに投じた137キロの直球をすくい上げた。丸の先制打に続き、リードを広げる貴重な一打となった。


キーワード