みんなに伝えたいスポーツ情報

日本ラグビー協会新体制発足 森重隆氏が新会長就任「W杯もう1回」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
日本ラグビー協会は29日、東京都内で評議員会と理事会を開き、元日本代表で副会長だった森重隆氏(67)が会長に就任した。任期は2年。早大、トップリーグ(TL)のサントリー、ヤマハ発動機で監督を務めた清宮克幸氏(51)らが副会長、7人制男子日本代表ヘッドコーチの岩渕健輔氏(43)を専務理事に起用するなど大幅に若返り、9月開幕のW杯に臨む。

 新日鉄釜石(現釜石シーウェイブス)で活躍した俊敏な元日本代表CTBらしかった。清宮副会長、岩渕専務理事の就任を発表した森会長は「改善をスピードアップさせたい」と、起用の狙いを明かした。

 理事としても新任の清宮副会長には、観客動員が伸び悩み、強豪・トヨタ自動車の選手がコカイン所持で逮捕される不祥事で揺れるTLの改革を担当させる腹づもりだ。

 この日、清宮副会長は既に決まっていた札幌市でのトークイベント出演のため、理事会を欠席。森会長は「もう10回くらい会っていろいろ話している。『やってみます』と言ってくれている」。会長自身「(TLは)プロ化を考えないといけない時期」という信念があり、「W杯終了までには土台をつくってくれると思う」と期待した。

 現在は月に1度の理事会も「審議事項を決めるのにそれでは遅い。例えば2週間に1度とかいうような形にしたい」。日本代表の戦略のような“高速化”も求める。

 また、2度目のW杯招致について「50年くらいかかるかもしれないけれど、もう1回やろうという目標を持ちたい」とぶち上げた。





キーワード