みんなに伝えたいスポーツ情報

伊調馨、世界選手権切符逃す プレーオフで川井に敗れ/レスリング(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 第2ピリオド 試合に敗れた伊調馨=埼玉県和光市の和光市総合体育館(撮影・川口良介)

レスリング・世界選手権代表選考プレーオフ(6日、埼玉・和光市体育館)9月の世界選手権(カザフスタン)代表を懸けたプレーオフが行われ、レスリング女子57キロ級は五輪5連覇を目指す伊調馨(35)=ALSOK=は2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=と対戦。3-3の同点だったが、ビックポイントの多い選手が勝利するため、川井が勝利し、伊調は世界選手権切符を逃し、東京五輪出場は厳しくなった。

 世界選手権では五輪実施の男女計18階級で5位以内(6人)の選手が所属する国・地域に東京五輪出場枠が与えられ、日本はメダルを獲得した選手が五輪代表に内定。5位で出場枠を獲得した選手は、今年末の全日本選手権で優勝すれば代表となる。


キーワード