みんなに伝えたいスポーツ情報

大谷「いい結果に結びつけることができた」 バーランダーから誕生日アーチ(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(25)は誕生日となった5日(日本時間6日)、テキサス州・ヒューストンでのアストロズ戦に「3番・DH」でスタメン。13号ソロを放ち、4打数1安打1打点でチームの5-4の勝利に貢献した。

 「年々、自分の誕生日に興味は薄れてきている。あまり気にしてはないですけど、そういう日に多く打てることもいいんじゃないかなと思う。でも、毎日試合に出ることが大事。そこで結果を出したい」

 先発は試合前時点で10勝3敗、防御率2・86の好成績をマークしているジャスティン・バーランダー投手(36)だ。昨季の対戦成績は14打数3安打(1本塁打)で打率・214と抑えられた。しかし、難敵を攻略した。

 外角高め、ややボール気味の球だが、迷いなくスイングした。2-1の三回2死。153キロ直球を捉え、バックスクリーンを直撃する13号ソロを放った。この日は25歳の誕生日。自らの記念日をバースデー・アーチで祝った。

 一回1死一塁での第1打席は、2球で追い込まれると低めのワンバウンド、129キロのスライダーをハーフスイングで空振り三振に倒れた。五回2死二塁の第3打席では、一ゴロだった。

 昨季、バーランダーとの初対戦は5月16日。4打数ノーヒットでメジャー初の3三振を喫した。1年前には「(お金を)いくら払ってでも、経験する価値のあることなのかな、とそれくらい素晴らしい投手だと感じました。これをどう自分にプラスにしていくかによって、次の対戦での結果がだいぶ違ってくると思う。そこ次第。素晴らしい投手なので、なかなか打ち崩すのは難しい。手強いな、というより、そこをクリアしていくことによって、自分のレベル、チームのレベルも上がっていく」と振り返っていた。

 打者に専念する今季。好投手の球威ある直球を本塁打にできたことは成長の証し。「ああいう高さの難しい、力のあるボールをしっかりいい方向に、いい結果に結びつけることができたのはよかった」。試合前には、6日ぶりにキャッチボール。投手としてのリハビリを続けながら、打者としては着実に成長曲線を上昇させている。





キーワード